スポンサードリンク
kanzou5.gif

2009年12月29日

肝臓の検査で肝硬変と診断されたら

→ 戻る
→ 健康サイトマップ >> 体の健康 >> 肝臓のサイトマップ
            >> 心の健康
            >> 若さと健康を守るライフスタイル


肝臓の検査で肝硬変と診断されたら


 肝硬変は肝臓の一部が線維化して硬化して
  肝臓の機能が果たせなくなる病気です。

 線維化して硬化した部分は
  元に戻す方法はありません。

 肝硬変の一般的な治療方針は
  ・残された肝臓の部分を助け、肝臓がんへの移行を遅らせる事
  ・合併症を抑える事(黄疸、腹水、肝性脳症、食道静脈瘤 etc)
 
 肝硬変でも怖いことはありません。
  医師の治療を受けながら、生活習慣を通り改め
   治療に努めましょう。

 
 

1.お酒は、禁酒です。


  アルコールは肝臓で解毒されます。
   その他、肝臓に負担をかける薬物なども飲まない様にします。
    肝臓に負担をかけない様にするためです。


 

2.肉体労働や激しい運動は避ける


  適度な運動は行いましょう。
   有酸素運動を取り入れた適度な運動は
    体全体の生命力を高めます。

   詳細 → 適度な運動


3.栄養のバランスがとれた食事


  良質タンパク、ビタミンやミネラル豊富な栄養バランスのとれた 
   食事を食べ過ぎない様に適量、食しましょう。

  また、便秘によって有害物質が体内に長時間とどまりますと
   血液が汚れ、肝臓に負担をかける事になります。
    食物繊維の多いものをとるなど排泄力を向上させましょう。

    詳細 → 元気な血液
      → 食物繊維の多い食べ物
      → 排泄力UP


4.笑いましょう


  笑いは免疫力を高めます。
   肝硬変が深刻な病気とくよくよしていると
    自律神経が体に悪い作用を起こし、肝臓の負担を上げます。

  笑いによって不治の病から生還した人の例もあります。

  詳細 → 笑いましょう。







続きを読む
posted by 花翠 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝硬変 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。