スポンサードリンク
kanzou5.gif

2009年12月19日

肝臓の働き

→ 戻る
→ 健康サイトマップ >> 体の健康 >> 肝臓のサイトマップ
                 >> 心の健康
                 >> 若さと健康を守るライフスタイル

肝臓の働き


1.代謝



BUNKAIGOUSEI.gif
 炭水化物、たんぱく質、脂肪の3大栄養素が
  胃腸等の消化器で分解された栄養は肝臓に運ばれます。
   呼吸で吸った酸素も肝臓に運ばれます。

 肝臓はそれらの物質を分解します。
  そして体内で燃焼したり体を作ったりする材料へと
   合成します。


------------------------------------

2.配送と貯蔵


 肝臓は合成した物質を体中に配送します。
 また
  余った栄養は肝臓に蓄えます。

HAISOU_CHYZOU.gif


------------------------------------

3.解毒


 適度なお酒は百薬の長と言いますが、
  アルコールは体内で分解され、アセトアルデヒトという猛毒に
   変わります。
 肝臓はこれらを無害な水と二酸化炭素に分解します。

 アルコール以外で発生した有害物質の解毒も行います。
 体内でたんぱく質の分解で発生するアンモニアも有害物質です。
  これらの解毒も行います。

gedoku.gif
  お酒を飲みすぎると肝臓の解毒橇が限界を超えます。
  目安として一日20gのアルコールを処理するのに
   3〜4時間かかります。
    一日60gまでが処理の限界でこれ以上の飲酒は
     肝臓が処理し切れていない状態です。
  ご自分が飲んでいるお酒にアルコール濃度%をかけて
   飲みすぎないよう気をつけましょう。
  若くなくなった人は一日ビール中ビン一本、
  日本酒一合程度が
   適量です。
  詳細 →  体をいたわるお酒の飲み方

------------------------------------

4.再利用_胆汁の合成


 肝臓はコレステロールを再利用して胆汁を生成します。
  胆汁は脂肪を分解するのに役立ちます。
  体に過剰に蓄積されるとメタボが心配な物質を
   再利用してくれるのですから
  肝臓はダイエット面で大切な役割を担っています。

SAIRIYOU.gif




ラベル:肝臓
posted by 花翠 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

こんな症状があれば自分から内科医へ


→ 戻る
→ 健康サイトマップ >> 体の健康 >> 肝臓のサイトマップ
                 >> 心の健康
                 >> 若さと健康を守るライフスタイル

こんな症状があれば自分から内科医へ


 ・疲労、体のだるさ

 ・皮膚には何もできていないのに全身がかゆい

 ・お酒がまずくなり、前よりも弱くなった

   私にも覚えがあります。

 ・白っぽい便が出る

 ・顔色が悪く、皮膚や白目が黄色い



 いつから、どれ位の頻度で、できるだけ
  数字を用いで具体的に説明した方が
   正しい診断を得られます。

KETSUEKIKENSA.gif

  

過去の定期健康診断結果5年分も持参しましょう。


 その方が早期発見につながります。
  お医者様も神様ではありません。

kensa.gif







posted by 花翠 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。