スポンサードリンク
kanzou5.gif

2013年04月14日

肝臓が お酒から 身体を守る 仕組み

→ 戻る
→ 健康サイトマップ >> 体の健康
             >> 心の健康
             >> 若さと健康を守るライフスタイル



お酒を飲むと
 アルコールは
  約2割が 胃から 吸収され
  約8割が 小腸から 吸収されます。 
 そこから血液によって 肝臓に 送られます。

肝臓には多くの働きがありますが

 その一つに 解毒 という働きがあります。
 
 

肝臓が アルコールを 解毒 する働きは 2段階です。
 第1段階で 肝臓は ADH(アルコール脱水酵素)を出して
  アルコール を アセトアルデヒド  に分解します。

  この アセトアルデヒド というものは 毒性があります。

 第2段階で 肝臓は ALDH2(アセトアルデヒド脱水酵素)を出して
  毒性の強い アセトアルデヒド を
   無害な酢酸(すなわちお酢) に変えて 体外に排出します。


<お酒を飲む注意>
 お酒を飲めない人 悪酔いや頭痛がする人は 

 ALDH2の働きが 弱い人です。
 これは遺伝的に元々弱い人や 肝臓の働きが悪くなって 弱った人です。
 
 こういう人がお酒を飲むと 毒性の強い アセトアルデヒド が
 いつまでも身体に残って 悪酔いや 頭痛が治まっても

 身体を害します。発がんのリスクも高まりますので注意しましょう。

<自分がお酒に強いと思っている人へ>
  肝臓には 貯蔵 という働きもあります。

  ALDH2の働きが 強くても お酒を飲み過ぎると
  アルコールを分解する際に 中性脂肪が肝臓に蓄積されます。
  
  いわゆる 脂肪肝 ですね。
 
  脂肪肝を 長年ほおっておくと
      肝硬変や 肝臓がん

                   になるリスクが高まります。
 お酒に強いからと言って 浴びるほど飲んだり
 一気飲みしたり   すきっ腹にお酒やビールを流し込んだりすると
 とても危険ですよ。
  >> 適度なお酒の量をまもり
  >> 適度な運動を心掛け
    
    脂肪肝 にならないよう

    心掛けましょう。    
 

後、口内菌は誰にでもいますが
 
 口の中の細菌が 
  アルコールを
    アセトアルデヒドに変える働きがあるのだそうです。

   お酒を飲む前に軽くうがいした方がよさそうですね。
  
   
 

 
 

  

  
 
 
 
 


  
  
 
 
  
 

ラベル:肝臓
posted by 花翠 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。