スポンサードリンク
kanzou5.gif

2009年12月24日

肝臓の検査でウィルス性肝炎と診断されたら

→ 戻る
→ 健康サイトマップ >> 体の健康 >> 肝臓のサイトマップ
                 >> 心の健康
                 >> 若さと健康を守るライフスタイル


肝臓の検査でウィルス性肝炎と診断されたら


感染するような事をした覚えがなくても

 
 予防接種の注射針や血液製剤から
  不幸にして感染するケースがあります。   
 通常の定期検査では調べていません。
  医師と相談して検査を受けましょう。


感染が発覚したら


 感染が発覚したら 
  抗ウィルス性治療を受けましょう。
   最近は補助金が出ます。

 必ず治すという強い意志をもって下さい。 
 自然治癒はありません。
  自覚症状がないからと放置していると
   急性肝炎、劇症肝炎から慢性肝炎へ
    慢性肝炎から肝硬変へ
     肝硬変から肝臓ガン  へと移行します。



栄養バランスが良い食事


 治療中は、栄養バランスが良い食事を心がけましょう。

 治療中は医師と相談の上、
  鉄分を含んだ食品を控えましょう。  
  <鉄分を多く含む食品です>
  レバー、赤みのお肉、干しヒジキ、
  焼きノリ、豚レバー、きくらげ、
  あさりの佃煮、シジミ



お酒は禁酒してください。

  




posted by 花翠 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136488221
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。